がん治療の希望の光

遺伝子は生物の全てを生成する設計図のようなものであり、そこに異常が発生した場合病気として現れます。一般的にがんは遺伝子コピーの失敗によって生まれると言われており、私達にとって身近な病にも遺伝子が関わっている事が分かります。一方こうした病気に対処するための遺伝子治療も研究が進んでおり、薬や手術による治療とは全く異なる治療方法が実際の臨床現場で用いられる事もあるのです。遺伝子治療は主にレトロウイルスを用いて問題の修復を行ないますが、特にがんであれば抗がん剤治療よりも将来性があると言われています。抗がん剤治療は私達の身体に備わる正常な免疫や代謝能力さえ阻害してしまう事があるため、治療によって別の病を引き起こして患者さんが命を失う事もあります。一方遺伝子治療にはこうしたリスクが存在しないため、画期的な治療方法なのです。もちろん人によってこうした治療が可能な患者さんと、そうではない方がおられますので、医師と相談した上で進める必要があります。その際は治療を行なう期間と金額の話を詰める事も欠かせません。場合によっては薬と併用して遺伝子の治療を行なうケースも存在しているのです。もちろんがん以外にも免疫不全症などにも用いる事が可能であり、将来的に幅広い病気に適用できるように開発が進められています。レトロウイルスによる方法だけでなく、多様な手法を用いて患者さんの遺伝子を改良する治療方法が研究されているのです。
もっと詳しく知りたい方へ⇒【遺伝子治療の今

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です