個人情報の取り扱い方

病気の要因が、遺伝子の異常によりもたらされているケースがあります。そのような病気に対しては、症状に対する対処を行うか、あるいは遺伝子の解析を通じて解決の手段を試みる必要があります。遺伝子治療の方法が開発されていくことで、病気を克服できる人が増えます。ただし、気をつけていかねばならない点も多数でてきます。この分野で働く看護師としては、情報管理においてきちんとした対策が必要です。遺伝子は、究極の個人情報としての側面を持っています。遺伝子を解析すれば、性格や病気の可能性についても、ある程度把握ができます。遺伝子治療を行う患者にとっても、遺伝子は重要な個人情報の宝庫です。もし治療上得た遺伝情報については、厳重に管理する必要があります。現代社会では、個人情報の外部への流出が大きな問題となっています。看護師の仕事でも、病院といった医療施設では、効率化や医療過誤防止のために電子カルテの情報端末を扱う機会が増えてきました。看護師の仕事に携わる以上は、基本的な情報端末の使い方について身につけておいたほうがいいでしょう。さらに、患者の個人情報の扱い方について、どのようにすればいいのかを正確に勉強するべきです。曖昧な知識のまま情報端末を扱っていると、職場でトラブルを引き起こすことになるかもしれません。責任を持って看護師の仕事をやり遂げるためにも、電子端末などの使い方の知識をしっかりと身につけ、情報防衛に役立つためになるノウハウを吸収する価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です